<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「イラ菅」炸裂 就任4日目で我慢の糸プチッ(産経新聞)

 菅直人首相は11日、首相官邸でのぶら下がり取材で、記者団の質問に不快感をあらわにし、早くも短気な性格から「イラ菅」と呼ばれてきた本領を発揮した。

 記者団から、今国会の会期を延長しない方針をめぐり、野党側から「逃げている」と批判されていることを問われると首相の表情は一変。「何の批判ですか?」「なぜ批判が出ているのですか?」と4回にわたり、記者団を“追及”した。

 さらに、所信表明演説に具体性がなかったと指摘されると「全部聞いてました? もっと大変なことを申し上げたつもりなんですけど」と怒気を強めた。

 国民新党の亀井静香代表が金融・郵政改革担当相を辞任したことで鬱憤(うつぷん)がたまっていたためか、首相就任からわずか4日目にして我慢の糸が切れたようだ。

【関連記事】
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」
【視点】所信表明演説 「反省」なき現実路線
首相所信表明は「反省なき再出発」現実路線は打ち出す
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
世論調査は信用できるか…透明性の確保が大事
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<荒井戦略相>知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
歯治療の2歳児、脱脂綿のどに詰まらせ窒息死(読売新聞)
<北教組不正献金>小林議員陣営元会計責任者に有罪判決(毎日新聞)
南アW杯 人種の壁越え開幕(毎日新聞)
<囲碁>山下が攻める展開 本因坊第3局(毎日新聞)
[PR]
by 1fajfne93w | 2010-06-15 20:02

「続投ですか」に親指立てて笑顔の鳩山首相(産経新聞)

 続投か辞任か−。鳩山由紀夫首相は1日夜、小沢一郎幹事長らとの会談を終えると親指を立て、笑顔をうかべた。続投への手応えとみられるが、周囲の声は冷ややかだ。

 小沢幹事長との会談が国会内で始まったのは午後6時ごろ。厳しい表情で会談にのぞんだ鳩山首相だが、約30分間の会談終了後には頬をゆるませ、記者団からの「続投ですか」との問いかけに笑顔で親指を立てる余裕をみせた。

 一方、小沢氏は無言のまま部屋を後に。予定されていた記者会見は取りやめとなった。

 自らの進退が、政局を揺るがす大問題となっているのを意識してかどうか、1日の鳩山首相は精力的に各所を動き回った。

 午前中は宮崎県の口蹄(こうてい)疫対策本部の視察。小沢会談に先立つ午後5時には、民主党の支持に回った日本医師会の役員就任披露パーティーに出席。「わずかではありますが、医療費を上げることができました」「国民のいのちを守る政府とともに歩んでほしい」などと参院選に向け“実績”をPRした。

 だが、出席した医師らの反応は「これが『最後の挨拶(あいさつ)』にならなきゃいいけど」と冷ややか。別の医師は「もうそろそろ辞めるべきじゃないかね。支持率も下がりっぱなしだし、民主も顔を替えて出直したほうがいい」と語った。

 鳩山首相の自信をよそに周囲の声は厳しい。

 官邸前には1日、国が控訴を決めたばかりの大阪アスベスト賠償訴訟の原告団関係者約30人が集まり、「不当な控訴だ」と抗議の声をあげた。「『いのちを守る政治』というが、やっていることはまったく違う。鳩山首相はなにを考えているんだ」

【関連記事】
ブレ続けた政治指導にため息 不信渦巻く地元
「鳩山降ろし」にやきもき 参院選目前の本音
首相の進退問題は結論出ず 協議は継続に
普天間で京都府知事「首相は努力してみせた感じ」
「首相、こんなレベルか」 群馬県知事が酷評
「はやぶさ」帰還へ

変わる葬儀 費用透明化掲げ流通大手参入(産経新聞)
首相動静(5月26日)(時事通信)
普天間移設 28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
トライアスロン 人生半ばからの挑戦(産経新聞)
<口蹄疫>「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)
[PR]
by 1fajfne93w | 2010-06-04 12:12