雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)

 京都市の学校法人平安女学院は24日、DNA型鑑定の結果、所有する京都市上京区の旧有栖川宮邸の枝垂れ桜が豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺の桜の子孫だと分かったと発表した。

 枝垂れ桜は1952年、画家、堂本印象の発案で醍醐寺から移植したものと伝わっている。しかし、確かな記録がなく、住友林業が葉のDNAを抽出して調べていた。

 枝垂れ桜は今、三分から五分咲きで今月末が見ごろになりそう。同法人は4月7〜11日に邸宅を有料公開するが、洛中で「醍醐の花見」としゃれ込むには少し遅いかも。【広瀬登】

<障害者自立支援法訴訟>和解…負担ゼロ、母の願い(毎日新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
中井氏の女性問題 直嶋経産相が不祥事嘆く(産経新聞)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
[PR]
by 1fajfne93w | 2010-03-31 12:57
<< 熊本市長に政調費返還請求命じる... 普天間移設で首相「政府案は月内... >>